TTY経由ではないsudoの実行

crontabから呼び出すスクリプトとかでsudoしようとするとこんなメッセージがでます。

sorry, you must have a tty to run sudo

ttyがないとsudoできないってことですね。

これを可能にするには/etc/sudoersのDefaults requirettyをコメントアウトすればいい

vi /etc/sudoers

#Defaults requiretty

 

 

 

 

 

CentOSのtimezone設定

クラウドサービスを使っていると、サーバーが海外にあるせいで、システムのタイムゾーンがJSTになっていないことが多い。

そんなときの対応方法

# vi /etc/sysconfig/clockZONE=”Asia/Tokyo”UTC=”false”

 

# source /etc/sysconfig/clockk

# cp -p /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime /etc/sysconfig/clock

 

 

CentOSにepel,remi,rpmforgeリポジトリを追加

 

※各パッケージのバージョンが変わることがあるので注意

Centos6.x

rpm -Uvh http://download.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

Centos5.x

rpm -Uvh http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/5/x86_64/epel-release-5-4.noarch.rpm # rpm -ivh epel-release-5-4.noarch.rpm

rpm -Uvh http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm