[KVM]KVMゲストOSへのコンソール接続設定

ゲストOSがDebian GNU/Linux 6.0の場合

# vi /etc/inittab
T0:23:respawn:/sbin/getty -L ttyS0 9600 vt100  

# vi /etc/default/grub
GRUB_CMDLINE_LINUX="console=tty0"  

# update-grub

ゲストOSがubuntu の場合

  • # vi /etc/init/ttyS0.conf 
    start on stopped rc RUNLEVEL=[2345]
    stop on runlevel [!2345]
    
    respawn
    exec /sbin/getty -L 115200 ttyS0 vt102
    
  • # start ttyS0
    
  • # vi /etc/default/grub
    GRUB_CMDLINE_LINUX="console=tty0 console=ttyS0,115200n8" 
    GRUB_TERMINAL=serial  
    GRUB_SERIAL_COMMAND="serial --speed=115200 --unit=0 --word=8 --parity=no --stop=1" 

    Sの場合

 

 

fedora19のインターフェース名をethに戻す

Fedora 15 以上で「Network Device Naming変更」により eth0 と言うネーミングがデフォルトで廃止されたことで環境によっていろいろなインターフェース名になりeth0とかで統一したいときに困ります。

これをethXに戻す手順です。

少し前のバージョンでは

yum remove biosdevname

を実行したあと

/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules

を編集すればよかったですが、Fedora19では若干手順が異なるみたい。

yum remove biosdevname


は同じですが

/etc/default/grubに赤字部分を追加し再起動が必要
vi /etc/default/grub

RUB_CMDLINE_LINUX="rd.md=0 rd.dm=0 vconsole.keymap=jp106 rd.lvm.lv=fedora_yk1-miruki000/usr $([ -x
/usr/sbin/rhcrashkernel-param ] && /usr/sbin/rhcrashkernel-param || :) rd.lvm.lv=fedora_hoge
/root rd.luks=0 rd.lvm.lv=fedora_yk1-miruki000/swap rhgb quiet net.ifnames=0"


TTY経由ではないsudoの実行

crontabから呼び出すスクリプトとかでsudoしようとするとこんなメッセージがでます。

sorry, you must have a tty to run sudo

ttyがないとsudoできないってことですね。

これを可能にするには/etc/sudoersのDefaults requirettyをコメントアウトすればいい

vi /etc/sudoers

#Defaults requiretty

 

 

 

 

 

CentOSのtimezone設定

クラウドサービスを使っていると、サーバーが海外にあるせいで、システムのタイムゾーンがJSTになっていないことが多い。

そんなときの対応方法

# vi /etc/sysconfig/clockZONE=”Asia/Tokyo”UTC=”false”

 

# source /etc/sysconfig/clockk

# cp -p /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime /etc/sysconfig/clock

 

 

wordpressのIPアドレスやURLを変更した場合のトラブル対処

wordpressを公開しているサーバーのIPアドレスやドメイン、URLを変更した場合にサイトが正常に表示できなくなる場合がある。

データベースに「siteurl」と「home」にURL情報が登録されていてアクセス時にこの情報が利用されるためドメインを変えても旧サイトへリダイレクトされるなどするためである。

 

したがってサイトのIPアドレスやURLを変更した場合は、この情報を新しいものに変更する必要があるということ。

1.mysql> use データベース名 //WordPressのデータベースを選択

2.mysql> select * from wp_options where option_name = “siteurl”; //WordPress のアドレスやURLを確認

3.mysql> select * from wp_options where option_name = “home”; //ブログのアドレスを確認

4.mysql> update wp_options set option_value=”新しいアドレス” where option_name = “siteurl”;

5.mysql> update wp_options set option_value=”新しいアドレス” where option_name = “home”;

以上で問題解決。

 

WordPressインストール 1

yum install -y mysql-server php php-devel php-mbstring php-mysql php-pdo php-mcrypt php-pear php-xml php-gd pcre-devel

http://ja.wordpress.org/wordpress-3.5.2-ja.tar.gz

 

[client]
default-character-set = utf8

[mysqld]
skip-character-set-client-handshake
character-set-server = utf8
collation-server = utf8_general_ci

[mysqldump]
default-character-set = utf8

[mysql]
default-character-set = utf8

 

 

expose_php = Off

memory_limit = 16M

default_charset = “UTF-8″

upload_max_filesize = 8M

date.timezone = Asia/Tokyo

mbstring.language = Japanese

mbstring.internal_encoding = UTF-8

mbstring.detect_order = auto

# wget http://ja.wordpress.org/wordpress-3.5.2-ja.tar.gz
# tar zxf wordpress-3.5.2-ja.tar.gz
# mv wordpress /var/www
# chown -R apache:apache /var/www/wordpress/
# rm -f wordpress-3.5.2-ja.tar.gz

# echo Alias /wordpress /var/www/wordpress > /etc/httpd/conf.d/wordpress.conf
# /etc/init.d/httpd reload

# mysql -uroot -p   
Enter password:    

mysql> create database wordpress;    

mysql> grant all privileges on wordpress.* to wordpress@localhost identified by 'パスワード';    
cp /var/www/wordpress/wp-config-sample.php /var/www/wordpress/wp-config.php
#
vi /var/www/wordpress/wp-config.php    

define('DB_NAME', 'wordpress');

define('DB_USER', 'wordpress');

define('DB_PASSWORD', 'パスワード');