percolとautojump

■percolのインストール

pip install percol
pip install cmigemo

zshと組み合わせると便利なので.zshrcに追記
function exists { which $1 &> /dev/null }
if exists percol; then
    function percol_select_history() {
        local tac
        exists gtac && tac="gtac" || { exists tac && tac="tac" || { tac="tail -r" } }
        BUFFER=$(history -n 1 | eval $tac | percol --query "$LBUFFER")
        CURSOR=$#BUFFER         # move cursor
        zle -R -c               # refresh
    }
    zle -N percol_select_history
    bindkey '^R' percol_select_history
fi
※oh-my-zshを利用している場合は、7行目を下記に変更

BUFFER=$(fc -l -n 1 | eval $tac | percol --query "$LBUFFER") 

■autojumpのインストール
apt-get install autojump

.zshrcに追記することでTAB補間が効くようになる

[[ -s /usr/share/autojump/autojump.zsh ]] && . /usr/share/autojump/autojump.zsh

使い方は

j hoge <TAB>

で過去にcdしたことのあるhogeを含む候補を表示

oh-my-zshのインストール

wget http://github.com/robbyrussell/oh-my-zsh/raw/master/tools/install.sh -O - | sh


テーマを切り替えたいときは、.zshrcのZSH_THEME="hogehge"を変更

以下のコマンドでテーマのサンプルを順番に見ることができる。
.oh-my-zsh/tools/theme_chooser.sh